インクカートリッジの詰め替えについて

インクカートリッジは印刷を行うと徐々に中身が減少していきます。

また、一度開封したら使用しなくても蒸発等により、やはり徐々に中身が減少していきます。

インクが無くなった場合にはインクカートリッジの詰め替えを行う方法があります。

純正品の場合、そのままインクを注入すれば良い場合があります。

また、それでは駄目で詰め替え専用と呼ばれているインクカートリッジにインクを注入しなければいけない場合があります。

純正インクカートリッジにはスポンジが入っている場合とそうではない場合があります。

スポンジが入っている場合にはインクを注入すれば良いです。

しかし、スポンジが入っていないタイプには詰め替え専用の方を使用する必要があります。

スポンジの有無はメーカーによって異なる様です。

なぜ異なるのかと言いますと詰め替えが行いやすいかどうかで決定されるからです。

例えばスポンジが入っている方はインクを注入した方が楽になるような構造になっています。

インクカートリッジのトラブルについて

純正インクカートリッジも互換インクカートリッジも共に品質の良い物です。

しかし、それでもトラブルに見舞われる事は0ではありません。

その時のトラブルの対処方法を知っておけば、いざと言う時にあわてなくても済みます。

買ったインクカートリッジからインクが出ずに印刷できない場合です。

これは買ったばかりのインクカートリッジを対象としていますので、インク切れは考えづらい事になります。

最初にテスト印刷を行い、どの色が出ないのかを把握しておいて下さい。

まずはカートリッジを外して、再度入れてみます。

次にヘッドのクリーニングを行ってみましょう。

ですがこれはインクを大量に消費する事にもなりますので、あまり何回も行わない方が良いでしょう。

1回から2回が良いと思います。

インクカートリッジの情報

最後にカートリッジを挿入して、しばらくしてから印刷してみて下さい。

しばらくとは、おおよそ1時間です。

これでも解決しなければ問い合わせを行った方が良いかもしれません。


Comments are closed.